FP(ファイナンシャルプランナー)のお金を賢く使う生命保険、生命保険見直し相談はこちら>>
時代背景、社会環境を考える1

時代背景、社会環境を考える1

65歳以上が人口に占める割合が何%を超えると高齢化社会と言われるでしょうか?

まず、現在どのような社会環境にあるのかということをしっかり把握しておくことが大切です。

また、保険は期間の長いもの。現在だけではなく、将来どのような社会環境となっていくのかもしっかりとイメージしておきましょう。


それでは質問です。


質問1)65歳以上が人口に占める割合が何%を超えると高齢化社会と言われるでしょうか?


正解は7%。

あれっ?少ないなと感じませんでしたか?でも、間違いではありません。7%で高齢化社会と定義されているのです。

ちなみに14%を超えると“高齢社会”と定義されています。“化“が抜けるわけですね。

さらに25%を超えると”超“高齢社会。


私達の日本で65歳以上が人口に占める割合は…、

1970年に7%(高齢化社会突入) ⇒ 1994年に14%(高齢社会突入)⇒ (2005年20% ) ⇒ 2015年26%と予想される(超高齢化社会突入)
(2006年版高齢社会白書より)

物凄い勢いで高齢化が進んでいます。

24年で高齢化から高齢社会に。さらに21年で高齢から超高齢に。

公的年金や公的健康保険制度は、現役世代すなわち働き手がお金を出すことで高齢者を支える仕組みとなっています。

したがって、お金を出す人達が減り、お金をもらう人が増えれば当然、制度自体が成り立たなくなります。

高齢者がもらえるお金が減っていくというのは必然的な流れであることはまず頭に置いておかなければなりません。

投稿者 on 2006年12月02日 15:49

HOME時代背景、環境 > 時代背景、社会環境を考える1

HOMEプロフィール保険相談の前に保険相談メニュー会員様専用